子どもの進路が決まったけれど

「子どもは親の思うようにはならない」とよく聞くけれど我が家もそのようになりました。

子どもは一応進学系の高校に通っています。

親としては、どこかの大学に行きそこそこの企業か、公務員かになってくれたらなと思っていましたし、子どもの昨年までは
大学進学の方向で話をしていました。

ところが今年になり、学校の三者面談も2回目という頃に「進路を変更したい」と言い出しました。

事務的な仕事や営業的な仕事をしている自分が想像できなしできそうにもないという理由からのようでした。

できれば、スポーツインストラクターになりたいけれど需要があまりなさそうなので、理学療法士になりたいということでした。

確かに勉強をしているよりもスポーツをしているときの方が、遥かに楽しそうではありましたがまさかそういうことを考えているとは思ってもおらず夫も私もびっくりしましたし、心から賛成という思いにはなれませんでした。

近くに理学療法士科のある大学があればいいのですが残念ながら専門学校しかなく、それも少しネックになってしまいました。

今度、どうなるかわからないので大学を出ていた方がいいのではないかと私的には思ってしまいます。

ですが、本人は行きたい専門学校がありそこではスポーツ選手のリハビリやアスレチックトレーナーの資格もとれるということで、本人のやりたいことに近いようです。

もう専門学校の試験も終わり、すんなり合格となりました。

子どもが色々と考えて、出したことなので全面的に否定するつもりはないのですが、正直まだもやもや感があります。

今は、少しずつ子どもの選択を応援できるようになれればいいなあと思っています。

ただ、ちょっと不安があるのが、子供の身長が低いことです。

そのため、成長サプリの比較ランキングで選んだサプリを飲ませています。

 

 

通販のかにもありました

ネット全盛の時代とはいえ、テレビでも通販番組をやっているので、それで一度は通販で蟹を買ってみたいとお考えの方もいるかもしれません。

ですが、今は通販のメインもネットにシフトしている時代です。

まずはネットでもっと安く、あるいは同じ値段でもっといい蟹を買えないか調べてからでも遅くはないですよね。

その理由は、テレビ番組を通じて買うよりも、ネットで注文した方がよりお得になるケースが多いためです。

一方、詐欺やトラブルの危険性を気にされる方は、テレビ通販の方がネットと比べてリスクは少ないので、お勧めだとも言えます。

年末に、テレビでかにの特集を観ましたが、通販のかにもありました。

家の近くで買えるかにより大きく、まとまった量が買えるのも魅力でした。

送料無料も気に入って、初めてのかに通販に挑んでみました。

初めて生鮮食品をお取り寄せで買ったため、どんな商品かなと半分心配、半分わくわくしていました。

届いてみれば身が詰まったかにばかりで、安心しました。

食べてみると濃い味で、思わぬ掘り出し物でしたので、今でも家族でかにの話をします。

ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。

意外にも、高級食材の上海ガニとは同族になるかにです。

ヒョウ柄にも似た背中の模様が特長で、上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。

重量は全体で170~180グラムが一般的といわれています。

ちなみに、雄の方が雌より小さいとされています。

昔から日本で多くみられ、食用として広く知られています。

蟹通販を利用する上で気になる点はなんでしょうか。

それは、生鮮食品ですから鮮度をしっかり確認すること、また値段や量の確認、最後に、送料を気にすることです。

「送料を笑う者は送料に泣く」ともいえるでしょう。

蟹の場合は特に、かなり高い送料が設定されているところもあるので、見落とさないように気を付けてくださいね。

送料無料のところもあるので、蟹の質が良ければ断然そこを選びたいですね。

また、送料無料のところでも、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。

皆さん、食用かにの種類をいくつ挙げられますか、国内で最もよく知られているのはタラバガニでしょう。

そして毛蟹を思い浮かべる方も多く、新鮮であるほど硬い毛が密集していて、身にしても、味噌にしても独特の香ばしさで、熱心なファンが数多くいます。

味ならばズワイガニを挙げる方も多くかなり知られていますが、とれる場所によっても味が違いますし、それぞれに好きな方がいます。

詐欺の手段が多様化した現代で、蟹通販を名乗り、頼んでいない蟹を送りつけてくる、それが世に言う「カニカニ詐欺」の蟹通販詐欺です。

代引きで送られてくるのが基本ですが、家の誰かが注文したのかと思い、多くの人はその場でお金を払ってしまうと聞きます。

真っ当な商取引ではありませんが、その場で払ってしまえるような金額ということもありますし、ひとまず蟹は手に入ったのだからいいかと思って諦めてしまうケースがまま見られます。

身に覚えのない代引きが届いときは、うかつに支払いに応じないようにしたいものですね。

蒸して食べても、点心の具にしても上海ガニと言えば、華のある食材で、超有名ブランドがにの一つです。

チュウゴクモズクガニともいわれ、中国を中心に生息地域は案外広いのです。

高級食材といわれますが、何でも食べるかにで、外来種として持ち込まれると在来種の生態系が狂ってしまいます。

養殖などで持ち込まれ、拡散することを防ぐため生体の輸入などを公に行えない国もあります。

蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの、人気の蟹の一つとして挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。

ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、北海道本島の最東端、根室の花咲で主に獲れる蟹で、そのコクのある味わいは上品で食通好みです。

花咲蟹の身肉は引き締まっていますが、柔らかさもあって味は絶品と言われ、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。

夏から秋の時期にかけて美味しくなるとされているので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

思いのほか美味しいのに驚きました

グルメの王道といえば、やっぱり蟹ですよね。

主人も大の蟹好きでして、カニのお取り寄せ通販で蟹を注文しても、一人で全部食べてしまうのだから、ほんとに呆れたものです。

私もよく唇を尖らせるのですが、たまには家族で蟹を味わうことができたら、もっといいですよね。

そこで有り難いのが、ポーションタイプの商品です。

ポーションカニなら、あらかじめ殻が剥いてあるので、今夜は家族で蟹鍋を囲みたい!というときでも、そのまま鍋に入れるだけなので楽チンです。

特にコドモは蟹の殻剥きを面倒がりますが、これなら気軽に蟹の魅力を楽しめます。

お子様のいる家庭に、お勧めの商品といえます。

私も昔からカニに目がなく、旅行は美味しいかにがあるかを、基準に決めるほどです。

なので先日、かにのお取り寄せ通販で頼むのが断然便利でお得だと、知り合いに勧められたのを思い出し、申し込んでみました。

届いたかにをすぐに食べてみ立ところ、思いのほか美味しいのに驚きました。

そんな、カニお取り寄せ通販が全盛の昨今、産地直送のかには人気上位を保っています。

これを食べないのは損だと思いますよ。

皆が大好きな蟹よく獲れる地域として、多くの方が真っ先に連想するのは、北海道でミスはありません。

多くの種類の蟹が獲れる北海道はもちろん、他の地域にも有名な蟹はたくさんあります。

ですが、そうしたケースを差し引いても、トータルでは、やっぱり北海道の蟹が一番です。

ところが、現実には、北海道どころか海外産の蟹が道内で売られている場合が、けっこうあり、意外な気分になります。

蟹を買おうとするときのポイントは、選ぶ方法に注意すべきです。

蟹がどういう種類なのかにより、違った選び方をする必要があります。

蟹の中でも、ズワイ蟹を買う際には、どこを見ればいいかと言うと、それは腹側です。

ズワイ蟹を見比べて、腹側が白いものは選択から外してください。

そして、重要なのはアメ色をしたものをチョイスすることです。

さらに、硬い甲羅をしている蟹も美味しいです。

カニお取り寄せ通販の生鮮食品はどれもそうですが、どこまで加工したものを買うかということです。

例えば、ボイル前と後はどちらがよいのかどうしようと、頭を抱えた方も多いのは仕方ないことです。

カニお取り寄せのおすすめで、かにを選ぶ余地があるなら、活かにが一押しです。

よほど調理法を間違わない限り、活かにの方が、今は確実に新鮮でおいしいのです。

なお、カニお取り寄せ通販で蟹を購入する利点としては、北海道や山陰など、各地の美味しい蟹を産地直送で、いつでも購入出来ると言うことです。

一方、普通のスーパーで蟹を買う場合、いくつもの工程を経て店に出ていますから、どうしても鮮度の面では劣ってしまいます。

お店の方が良くないというのは、意外な結論かも知れません。

ですが、新鮮さを求めるなら産地直送で、自宅にダイレクトに届けてもらうのが、最も賢い方法になります。

 

 

香りに迷っています

ある日、サロンでとてもよい化粧品をすすめられました。

今使っている化粧品がお気に入りなので、あまり乗り換える気持ちはなかったのですが、とりあえず試してみることにしました。

迷っている理由は、香りにあります。

これまでの化粧品の特徴の1つは、香りがとてもよいことです。

私には「ローズの香りのオイルで目覚め、お花畑のような香りのクリームで癒されて眠る」という習慣があります。

しかし、優秀な新しい化粧品には、これさえあれば完璧な香りが全くありません。

というわけで、化粧品の香りにすっかり魅せられている私ですが、自分がなぜここまで香りにこだわるのか、知りたくなってきました。

科学的に言うと、香りにはどんな力が証明されているのか、ちょっと調べてみました。

ここで取り上げるのは、植物の力が「ギュッ」と詰まっている花、葉や種などから抽出された天然成分の精油であり、科学的に作られた香りではありません。

この香りが鼻から脳に伝わると、自律神経や免疫系に働きかけ、心を落ち着かせスッキリさせるそうです。

それに加え、女性ホルモンのバランスを調える力もあるようですね。

さらに、お肌に直接働きかけることもできます。

ローズやオレンジフラワーなどの精油の香りを嗅ぐと、脳から分泌されるリンパや血液にのって、お肌に運ばれるオキシトシンは、幹細胞が元気になるように働きかけます。

お肌の生まれ変わりをする幹細胞が元気になると、「若々しい素肌を保つことができる」というわけです。

今までは「香りに癒される」というのは、「ただ気分が落ち着く」というイメージがありました。

ですが、精油の香りには、お肌を若々しくする力もあったことがわかりました。

それにしても、化粧品を乗り換えるべきではないのか、それとも、香り以外の力を信じて乗り換えるべきなのか。。。

香りの力を知ったことで、ますます迷ってしまいました。